2015年12月30日

【書評会】『宗教と震災』2015年度第2回「宗教と社会貢献」研究会

2015年第2回「宗教と社会貢献」研究会(2015年12月20日、関西学院大学梅田キャンパス)において、下記の書籍の書評会を行いました。

◎三木英『宗教と震災─阪神・淡路、東日本のそれから─』(森話社、2015年)(Amazon


評 者 : 齋藤 知明(大正大)、金子昭(天理大)
著 者 : 三木 英 (大阪国際大学)
司 会 : 白波瀬 達也(関西学院大学)

【書評会の写真】

IMG_5541.JPG
posted by 「宗教と社会貢献」研究会 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

【書評会】『アジアの社会参加仏教』2015年度第1回「宗教と社会貢献」研究会

2015年第1回「宗教と社会貢献」研究会(2015年5月9日、國學院大学渋谷キャンパス)において、下記の書籍の書評会を行いました(書評会の詳細は電子ジャーナル『宗教と社会貢献』の次号(第5巻第2号)に収録予定です)。

◎櫻井義秀・外川昌彦・矢野秀武編著『アジアの社会参加仏教──政教関係の視座から──』(北海道大学出版会、2015年)(Amazon

評 者 : ランジャナ・ムコパディヤーヤ(デリー大学)、伊達聖伸(上智大学)
編 者 : 櫻井義秀(北海道大学)、外川昌彦(広島大学)、矢野秀武(駒澤大学)
司 会 : 大谷栄一(佛教大学)

【書評会の簡単な紹介】→リンク

【書評会の写真1】

photo1.jpg

【書評会の写真2】

photo2.jpg
posted by 「宗教と社会貢献」研究会 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

日本宗教学会第69回学術大会(2010年9月5日)

「日本宗教学会」第69回学術大会(2010年9月5日)でプロジェクトメンバーで6名でパネル「ソーシャル・キャピタルとしての宗教−日韓英米の現状−」(パネル代表:稲場圭信)を組みました。

代表:稲場圭信(大阪大学)
コメンテーター:山口洋典(同志社大学・應典院)
司会:稲場圭信(大阪大学)

報告要旨

@「英米におけるソーシャル・キャピタルとしての宗教論」
 稲場圭信(大阪大学)
A「NPOが豊かにする宗教性−伊勢神宮だから参加する人々−」
 板井正斉(皇學館大學)
B「地域の伝統的宗教文化におけるソーシャル・キャピタル」
 長澤壮平(南山宗教文化研究所)
C「マクロデータからみた現代日本の宗教とソーシャル・キャピタル」
 寺沢重法(北海道大学)
D「日韓複数宗教社会論序」
 濱田陽(帝京大学)

※報告資料、趣旨説明などをダウンロードできます。本報告原稿の無断引用はご遠慮ください。引用される際は、出典を明記してください。
posted by 「宗教と社会貢献」研究会 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。